「ネイティブ ウォーキング」とは、直訳すると「生まれ持った歩き方」

足をただの二本の棒のように捉え、交互に前に動かせばとりあえずは歩くことができる。そう考えている方も多いのではないでしょうか。
しかし実はそうではなく、足にはその骨格の構造上、無理なく負担を最小限にし進むことができる、理に適った歩き方がちゃんと存在するのです。

このことを専門的には、生体構造力学(バイオメカニクス)と言います。
足の骨は56個(種子骨含む)もあり、人体の全ての骨の約1/4もが集まっています。
そして歩く時には、その全ての骨がどう連動しながら動くのか、決まっているということになるのです。
そのことを私たちは、生まれ持った生来の歩き方として「ネイティブ ウォーキング」と名づけました。

本来は考えるまでも無く本能的に、自然に理に適った歩き方ができていたはずなのですが、靴などファッションの影響や、スポーツでの動きの影響などで、現代人はそれが、崩れてしまっている方が多いのです。
その理に適った、生まれ持った歩き方(足の使い方)ができなければ、そのせいで足が痛んだり変形したり、不安定になったりしていき、それが全身にまで影響を及ぼします。

この私共の提唱するネイティブ ウォーキングの理論的なベースは、アメリカの足病医学にあります。
アメリカは足に対する医療が発達し、一万人を超える足専門医(フットケアポディスト)が活躍する国です。
そこで確立された治療の理論を、歩き方の改善という予防の現場で取り組みやすいようにしたものが、ネイティブ ウォーキングです。

具体的には「屈曲感覚歩行」「二軸感覚歩行」というのが、理論の柱となっています。
このように理論的な背景が、はっきり明らかになっていることに加え、体に悩みを抱えている皆さんがどう間違えていて、どの手順でお教えすればスムーズなのか等を考えられた、習得に当たって実際的なものとなっています。

また、なんとなく健康に良い、というような漠然としたものではなく、皆さんが習得されることで、外反母趾や様々な足の痛みはもちろん、腰や肩などの全身の症状に対してまでも、明らかな改善を実感できることが、大きな特徴と言えます。